未分類

デスクワークで足がパンパンになる理由

デスクワークで頑張っている女性

デスクワークで足がむくむのは、体内の水分のバランスと血流が悪くなるから。
朝起きたら顔がパンパンに腫れたり夕方になると大根足みたいな足になったりなど、大事な日に限ってむくむことってありますよね。
生活に支障をきたすほどのものではありませんが、ダルさでやる気がなくなるという人も。

「デートなのにむくんだ顔を見せたくない」「気ダルさを感じながら仕事をしたくない」という事態になる前に、むくみの原因を把握しておきましょう!

「むくみ」ってどういう状態?

体内にある細胞にたくさんの水が溜まると、身体がむくみます。
人間の体内は約6割ほど水分で成り立っていて、3分の2は細胞の中に含まれる水分(細胞内液)、血液に含まれている水分(細胞外液)です。
2つの細胞の働きを確認してみましょう。

・細胞に栄養を送ったり、老廃物を除去する
・細胞や血管の中を行き来して、体内の水分バランスを保っている

細胞内液や細胞外液のバランスが崩れると、身体がむくみ始めます。
またオフィスワークで座りっぱなしだと、下半身の血流が悪くなり水分がどんどん溜まっていきむくみの原因に。
トイレやお昼休憩のちょっとした時間に身体を動かして、身体中の血流を良くするように心がけましょう。

塩分の摂りすぎはむくみの原因

普段コンビニで食事を済ませていませんか?
コンビニの弁当やカップ麺などは、塩分が非常に高くむくみの原因になり得ます。

人間の体内では、塩分の量を一定に保とうとする働きがあります。
しかし塩分を摂りすぎてしまうと、身体が塩分濃度を薄めようとして「水分が足りない!」と勘違いしてしまうんです。
そのため体内に水分を留めておこうという働きが起き、浮腫みにつながります。
浮腫みを避けるためにも、塩分の高い食事は控えましょう。

まとめ
浮腫みは、体内の水分バランスや血流が悪くなるのが原因。さらに塩分が高い食事を毎日のように摂っていると、浮腫みが起きやすい身体になってしまいます。
デスクワークでがんばっている人や濃い味の食事が好きな人にとって、むくみは大敵。
身体を定期的に動かしたり、自炊で薄味の食事を作ったりなどして対処しましょう。